eyewitness

※この記事は『even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女』のネタバレを含みます
 

ヒロインが他の男(攻略対象ではない)と2人きりで食事をしている場面を目撃した際の攻略対象たちの反応や心境はどんな感じになりますでしょうか?

 

■ 前提条件

・もしものお話なので、本編には影響しないものとする
・時系列はハッピーエンド後
・食事相手は彼女に恋人がいるとは知らない

 

■ ルーシェン(対ヒューゴ)
嫉妬する?
→ 不安になる。
 翼騎士団という男所帯の組織。彼女の周りの男の存在が気になってしょうがない。
ふたりきりの食事はOK?
→事前に説明しておいてくれてなおかつ後で拗ねても慰めてくれるならギリギリOK

愕然としているところを彼女に見つかって、3人で食事をすることに。
ヒューゴと仲良くなって、同世代の友達ができる。(むしろヒューゴはルーシェンとの方が気が合いそう)
嫉妬したことを素直に打ち明けられるタイプなので、特に問題にはならない。

 

■ クライオス(対ランドン)
嫉妬する?
→ 多少はするが、相手がルーシェン・ティレル・ゼンでない限りは、絶対に奪われないという自信がある。
 それよりも、彼女が自分には見せない顔をしていることの方が気になってしまう。
ふたりきりの食事はOK?
→そう質問すること自体がNG(仕事でどうしても……という場合はついて行く)※笑顔は崩さない

にっこり笑顔を浮かべて、ごくごく自然な流れで自分も混ざる。普通に盛り上がって、楽しい食事会になる。
家に送って行く際、「俺にもランドンみたいに気安く接してくれていいんだぞ」と言って、彼女を困らせる。

 

■ ティレル(対ミッチェル)
嫉妬する?
→ 嫉妬もしないし怒りも湧かない。影でしゅん……とする。
 「異端審問官の自分とよりは、人目を気にせず食事できていいだろ」という諦めに近い気持ち。
ふたりきりの食事はOK?
→視線をそらして「別にいいんじゃね? 楽しんでこいよ」

気付かれないように、すぐ立ち去る。
後日、彼女の肩に腕をかけ「こないだのメガネは誰だよ? ずいぶん楽しそうだったじゃねぇか」と冗談っぽく絡む。
その日は豪華な料理を作って、彼女をもてなす。
(飲食店に行かずとも自分は彼女に美味しい料理を提供できると証明することで、自身を卑下する気持ちを和らげようとしている)

 

■ ゼン(対ルーン・イシュ)
嫉妬する?
→ めちゃくちゃする。でもその場ではうまく対応ができない。(クライオス・ティレルほど口達者ではないので)
ふたりきりの食事はOK?
→「……! ……オレも行っちゃダメか?」

家に帰ったあと、無言で彼女を抱きしめてなかなか離さない。
決して彼女に不機嫌をぶつけるようなことはなく、食事くらいで嫉妬する自分の狭量さに内心落ち込む。
(言語化できず、ボディコミュニケーションで終わる)

 

ルーシェンの相手はコンラッド殿下にしようと思ったのですが、まず和気あいあいと食事する姿が浮かばなかったので止めました
ご質問ありがとうございました! 

 

お題箱 マシュマロ

  • URLをコピーしました!