彼に咲いた黒薔薇について

『even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女』、発売から一週間と少し経ちました。
ご購入いただいた皆さま、本当にありがとうございます。

ボルテージ様やわたしの方に送っていただいた感想、とても励みになっています。
「ここ、ミスあるよ…!」とこっそり教えてくださった皆さま……申し訳なさと感謝でいっぱいです。もう本当に…すみません。
進行に関わる重大なバグの修正を行ったver.1.0.3が配信されておりますので、スイッチ本体からアップデートをお願いいたします。
それ以外の残っているものに関しては、随時修正させていただく予定です。

今回のブログは、2本立てです。

① ver.1.0.3で修正された彼の Sad Love End について
② マシュマロへのお返事

どちらもネタバレ満載なので、未クリアの方はご注意のほどよろしくお願いいたします。
また、わたしの考えを山盛り書いているので「作品は自分の中で完結させたい!」という方は、ご注意お願いいたします。

(長いです…)

ティレルの黒薔薇に修正が入りました

ルーシェン・クライオス・ゼンの3人の黒薔薇を咲かせると、Sad Love End に到達するのですが、ティレルだけ Bad End 表記でした。
これを今回のアプデで修正いたしました。
本件に関して、気になられる方向けにご説明をさせていただきます。

・Bad End 表記にしていた理由

ティレルの黒薔薇では、コンラッドが出張ってきて、彼に囚われて終わるアナスタシアの末路を描いています。

ティレルとしては、当然本意ではありません。彼の表情や手が物語っている通り、相当苦しんでいます。ただ、彼の使命は女神の末裔である王族に仕えること。自分にも制御出来ない正義に従う他なく、これまで同様、ひたすら耐える道を歩むことになります。

それに対してコンラッドは、他者を愛さない。
愛するという行為に価値を見いださない人物です。
恐らくティレルも自分に出来る限りアナスタシアを守ろうとするでしょうが……彼も彼女もコンラッドに縛られる限り、2人の未来に光が差すことはありません。

2人にとって死よりも恐ろしい結末……ということで Bad End にしました。

・変更理由

一度はこれで納得していたのですが、マスターアップしてからしばらくして、ふと思うことがありまして……

『あの黒薔薇は誰のものなのか?』
咲かせたのはプレイヤー=ヒロイン。選択肢によって咲くのだから、それは間違いない。
では咲いた場所はというと……攻略キャラクターの心です。

正義と愛(色んな意味を含みます)を天秤にかけて、正義が勝ったからティレルはあの結末を受け入れた……というのは、それはまぁそうなのですが、

<アナスタシアを大切に思うからこそ、正義に従うしかなかった>

この一文を説明に加えた方がしっくり来るように思います。

「部下ができた。実直さが可愛い。気に入ってる。自分を真っ直ぐに見つめてくれる目を、汚したくない」
「けれどこの感情は、使命とは何の関係もない『私情』。たった一人のイシク族が、『私情』に流されていいわけがない」

ティレルの正義を構築するのは、家族、友人、隣人たちの命。
そうなってしまった時点で、彼にとって正義以外のものは誘惑に等しい。
己の心に芽生えつつあった愛すらも、愛だと気付いたからこそ、
身動きがとれなくなってしまった。

では、
選ばれなかった愛に、意味はなかった。価値も重みもなかった。
……ということなのか?

正義(命)と競り合うほどの愛があるから、あの時彼はアナスタシアの目を覆ったんじゃないか。
そんなことしか出来ない自分を恥じ、苦しみ、唇を噛みしめたのではないか。

先を見通す力に長けた彼は、想像するのではないか。
ここでアナスタシアを逃がせば、間違いなく死に戻りする。そうなれば、この娘は自分から離れていくだろう。
それ自体は多分、彼にとっては喜ばしいことかもしれない。
手の届かないところで幸せになってくれるなら、一番いい。

けれど彼は、アナスタシアが諦めを知らない人間だと知ってしまっている。
アナスタシアはコンラッドの敵。
しかし何度死に戻りが繰り返されようとも、自分が彼女に負けることはない。

彼女の健気さも愚かさも弱さも知らない自分が、彼女を今よりもっと過酷な目に遭わせてしまう可能性すらある。

……その方が、ティレルにとっては怖かったのかもしれません。

愛があるから、動けなかった。
彼女を知ってしまったから、囚われることを最善と思ってしまった。
Bad End として締めるということは、そうしたティレルの想いを排除することになるんじゃないかと考えを改め、修正させていただきました。

・なぜ最初からそうしなかった?

わたしが阿呆だからです。本当に申し訳ありません。
コンラッド王子に流されすぎました。。。反省しています。
以後このようなことがないように、注意してまいります。

=======

今回反省と謝罪のためティレルルートについて触れましたが、解説がキャラクターによって偏りが出るのも好ましくないので、どこかで他3人についても触れたいと考えています。平等を期すなら黒薔薇エンドについてでしょうか…暗い…

マシュマロにいただいたご質問・ツッコミにお返し(6/16まで)

◆ ボルテージさんへ感想を送るには窓口どちら?
こちらにお願いいたします。
ボルテージ様サイト

◆ FBや設定資料集の予定はありますか?
ユーザーさんのご要望があれば、もしかしたらあるいはそんな未来も…!

◆ ノルンノネットやってみます!
ありがとうございます!
テンペスト魔女をやってくださった方になら、安心してノルンの悲恋エンドをおすすめできます。

◆ アンケートの実施はありますか?
今のところ予定はないようで…
何かありましたら、ボルテージ様のお問い合わせフォームへお願いします。

◆ 一番最初のイラストの黒い化物の正体はなんですか?
それは………………
こんな場末のブログではなく、どこかでご説明したいところ…

◆ マヤさんルートがほしいです
愛情深い女性、いいですよね。
煙炎1回目の裁判の(プレイ的な意味での)難易度が低いのは、意図したものです。

◆ ゼンはどこの国から来たのでしょうか?
こちらの答えもゲーム内にあるのですが、ちょっと分かりづらいですよね。
しかる場所でご回答出来ることを願っています。

◆ ゼンがカジノにハマるのは意外でした
ここに気付いてもらえるのは嬉しいです。
全然似合わないですよね。つまり……そういうことです。
このウソに、付き合いの長いクライオスとティレルも気付いてると思います。

◆ 韓国でも評価高くて、それを見ると私も胸がいっぱいです!
ありがたいです!
評価いただけることはもちろん、一緒に喜んでもらえる人がいるというのは特別嬉しいです。

◆ ヒューゴはアナスタシアのことが好き?
2人の間にあるのは友情ですね!同じ宗派です(クライオス教)

◆ 働きすぎでは?
そうでしょう!!?(大声)
といいつつ泳ぐのを止めたら死ぬマグロと同じタイプなので、本望です。

  • URLをコピーしました!